熱伝導材料

圧縮と熱伝導材料との関係

シリコーンベースの熱伝導材料は、正しい厚さを選択して圧縮率を15~20%に保つことが重要です。適切な圧縮量は、材料自体の硬さによって異なります。

熱伝導材料

熱伝導材料の種類及び用途

ウェハー/発熱体と放熱基板の間の隙間 (0.1 mm~20 mm) を埋める方法を利用し、熱エネルギー伝導を加速する媒質として、有効にウェハーの熱エネルギーを放熱フィンに伝導し、それによってウェハーの温度を下げ、ウェハーの寿命及び製品の使用効果を高めます。

熱伝導材料

熱伝導材料の製品特性

当社の熱伝導シリコーンシート製品の寿命は通常20年で、シリコーンゴムの寿命によってシートの寿命が決定されます。

熱伝導材料

サーマルテープの特徴と用途

サーマルテープは熱伝導性両面テープとも呼ばれ、高熱伝導率、高粘度、低熱インピーダンスを有しています。また、サーマルペーストと機械的固定特性を有効に代替でき、熱源と金属製品の間の不均一な隙間を埋め、電子製品から発生する熱を運ぶため、冷却と放熱の効果を実現するために使用されています

熱伝導材料

サーマルペーストとサーマルシリコーンシートの違い

熱伝導シリコーンシートは、通常、マザーボードの電源部などサーマルペーストを塗布するのが不便な場所に使用されます。また、グラフィックスカードのヒートシンクの下には複数のパーツがそれぞれ接触している必要があるため、サーマルペーストを使用するのは不便です。

熱伝導材料

サーマルペーストとは?

サーマルペースト(サーマルシリコーン、高導電性サーマルペースト、ウェーハサーマルペーストとも呼ばれる)は、部品間の完全には平坦でない表面を埋める粘性流体物質です。この化合物は空気よりも熱伝導率が高いため、部品の放熱性を高めることができます。

比較リスト 0 お問い合わせリスト 0
Inquiry Cart

お問い合わせカートの総数 0 アイテムの製品

Compare

比較総数 0 アイテムの製品

EUの実施する個人データ保護法に基づき、私たちはあなたの個人データを保護し、個人データに関する情報を提供することに努めています。 「全てを受け入れる」をクリックすると、当ウェブサイト上でのご利用体験の向上、ウェブサイトのパフォーマンスや利用状況の分析の支援、関連するマーケティングコンテンツの提供のために、Cookieを設置することに同意したものとみなされます。Cookieの設定を管理するには、下部のリンクをクリックしてください。「確認」をクリックすると、現在の設定に同意したものとみなされます。

Manage Cookies

Privacy preferences

EUの実施する個人データ保護法に基づき、私たちはあなたの個人データを保護し、個人データに関する情報を提供することに努めています。 「全てを受け入れる」をクリックすると、当ウェブサイト上でのご利用体験の向上、ウェブサイトのパフォーマンスや利用状況の分析の支援、関連するマーケティングコンテンツの提供のために、Cookieを設置することに同意したものとみなされます。Cookieの設定を管理するには、下部のリンクをクリックしてください。「確認」をクリックすると、現在の設定に同意したものとみなされます。

Privacy Policy

Manage preferences

Necessary cookie

Always on

ウェブサイトの運営にはこれらのCookieが不可欠であり、システム内で無効にすることはできません。通常、これらのCookieは、サービスのリクエストに応じて(つまり、プライバシー設定の設定、ログイン、またはフォームの記入など)、操作に基づいて設定されます。ブラウザを設定してこれらのCookieをブロックしたり、通知したりすることができますが、一部のウェブサイトの機能が機能しなくなる可能性があります。

Functional cookie

これらのCookieは、動画やリアルタイムチャットなどの強化機能や個別化コンテンツを提供することを可能にします。私たちまたは私たちのページにサービスを追加した第三者プロバイダーがこれらのCookieを設定することがあります。これらのCookieの使用を許可しない場合、一部またはすべての機能が正常に機能しない可能性があります。