熱伝導管

ヒートパイプの毛細管構造の紹介

ヒートパイプを伝熱素子として使用する場合、ヒートパイプ内の媒体が凝縮端から蒸発端に戻る仕組みは、ヒートパイプ内部の毛細管構造によって発生する毛細管現象によるものです。

熱伝導管

ヒートパイプはどういう状況で使用するのに適している?

熱源が放熱器を設置するスペースの少ない場所にある場合、ヒートパイプを利用して、スペースのある場所に熱を移動させ、放熱器を設置することが可能です。

熱伝導管

ヒートパイプの熱伝導原理

ヒートパイププロセスでは、作動流体を注入する前に内部の空気を抜き、作動流体の気化温度が大幅に低下する低圧環境で密閉することで、作動流体を注入する。

熱伝導管

機構の発熱は熱伝導管を使えば放熱できる?

ヒートパイプは、管内の媒体が二相変化する際に、大量の熱を吸収(液体から蒸気へ)または放出(蒸気から液体へ)することを利用し、急速な熱吸収と放出を実現させるのです。
厳密に言えば、ヒートパイプは放熱装置の一部で、放熱素子ではなく熱伝導素子と呼ぶことができます。 つまりヒートパイプを運用する際に、ヒートパイプの一端だけを熱源に置き、もう一端にはヒートシンクや放熱面がない状態で使用する場合、ヒートパイプを設置する意義がなくなります。

比較リスト 0 お問い合わせリスト 0
Inquiry Cart

お問い合わせカートの総数 0 アイテムの製品

Compare

比較総数 0 アイテムの製品

EUの実施する個人データ保護法に基づき、私たちはあなたの個人データを保護し、個人データに関する情報を提供することに努めています。 「全てを受け入れる」をクリックすると、当ウェブサイト上でのご利用体験の向上、ウェブサイトのパフォーマンスや利用状況の分析の支援、関連するマーケティングコンテンツの提供のために、Cookieを設置することに同意したものとみなされます。Cookieの設定を管理するには、下部のリンクをクリックしてください。「確認」をクリックすると、現在の設定に同意したものとみなされます。

Manage Cookies

Privacy preferences

EUの実施する個人データ保護法に基づき、私たちはあなたの個人データを保護し、個人データに関する情報を提供することに努めています。 「全てを受け入れる」をクリックすると、当ウェブサイト上でのご利用体験の向上、ウェブサイトのパフォーマンスや利用状況の分析の支援、関連するマーケティングコンテンツの提供のために、Cookieを設置することに同意したものとみなされます。Cookieの設定を管理するには、下部のリンクをクリックしてください。「確認」をクリックすると、現在の設定に同意したものとみなされます。

Privacy Policy

Manage preferences

Necessary cookie

Always on

ウェブサイトの運営にはこれらのCookieが不可欠であり、システム内で無効にすることはできません。通常、これらのCookieは、サービスのリクエストに応じて(つまり、プライバシー設定の設定、ログイン、またはフォームの記入など)、操作に基づいて設定されます。ブラウザを設定してこれらのCookieをブロックしたり、通知したりすることができますが、一部のウェブサイトの機能が機能しなくなる可能性があります。

Functional cookie

これらのCookieは、動画やリアルタイムチャットなどの強化機能や個別化コンテンツを提供することを可能にします。私たちまたは私たちのページにサービスを追加した第三者プロバイダーがこれらのCookieを設定することがあります。これらのCookieの使用を許可しない場合、一部またはすべての機能が正常に機能しない可能性があります。