ホーム 製品紹介 熱伝導材料 熱伝導シリコーンシート TG-A3500F 超高熱伝導シリコーンシート 戻る

TG-A3500F 超高熱伝導シリコーンシート

  • 熱伝導性がよい
  • 表面にガラス繊維付着
  • 変形しづらい
  • 絶縁性が高くかつ耐電圧

シリコーンをベースに熱伝導性パウダーや難燃性などの各種副原料を加え、特殊な製法で合成した熱伝導性材料です。熱源の表面とヒートシンクの接触面の間に発生する接触熱抵抗を効果的に低減できます。熱伝導率は3.0Wのガラス繊維熱伝導シリコーンシートは、シリコーンシート本来の特性をそのままに熱源をしっかり密着させる一方で、基材にガラス繊維を使用することで、シリコーンシート強度より強く保ち、変形しにくく良好な熱伝導性を維持します。より強いサポート力があり、耐電圧が高く、取り扱いと再加工も容易で、極薄の厚みにもかかわらず、引っ張っても壊れる心配がありません。

Share:

表面がガラス繊維でコーディングされており、耐電圧を必要とする製品への使用に適しています。TG-A3500Fガラス繊維熱伝導性シリコーンシートは3.0W/m•Kの熱伝導率で、一方では従来のシリコーンシートのソフトで弾力性のある特性を維持しつつ、自己粘着性があり熱源を完全にカバーしながら隙間を埋めて熱抵抗を減らし、熱をヒートシンクへ効率よく移動させ放熱効果に優れています。またガラス繊維を基材として添加することで、熱伝統効率や耐久性、持久性、耐電圧性が向上しているため、振動振幅のある機械設備で通常使用されています。振動する設備機器に使用されている大きな理由の第一に、長期的に振動する環境の下で使用する場合、シリコーンシートがよくひび割れを起こし、熱伝導効果が半減するといったことがありますが、そうしたことが小キル要因をガラス繊維を基材に使用することで取り除き、第二に設備機器の使用電力は大きく、小型民生用電子機器の電力よりもかなり高めてあるため、耐電圧仕様のガラス繊維熱伝導性シリコーンシートはこうしたニーズを満たし、広く利用されています。

 

製品アプリケーション
電子部品(パーツ):5G、航空宇宙、人工知能、エー‐アイ‐オー‐ティー、AR/VR/MR/XR、自動車、コンシューマーエレクトロニクス、データ通信、電気自動車、電子製品、エネルギー貯蔵、産業用機器、照明機器、医療、軍事、通信ネットワーク、パネル、パワーエレクトロニクス、ロボット、サーバー事業、スマートホーム、通信など、その他。

How to use thermal pad?

Tearing off the release paper

保護フィルムをそうやって剥がすのか。

Attach the thermal pad to the heat source

熱伝導シートを熱源の上に軽く押す。

Remove the protective film

保護フィルムを剥がす。

Apply components onto the exposed part

放熱部品やヒートシンクを置く。

Thermal Conductivity

熱伝導率

熱伝導率は製品の熱を伝導する能力だ。
Dielectric Breakdown Voltage

耐電圧

耐電圧とは、絶縁材料に電圧を加えたときに耐えられる電流のことだ。
Hardness

硬さ

硬度の数が高ければ高い程、材料が硬いことになる。

 

材性
単位
TG-A3500F 超高熱伝導シリコーンシート
テスト方法
熱伝導率
W/m•K
3.0±10%
ASTM D5470 Modified
厚さ
mm
0.5~8.0
ASTM D374
Yellow
Colorimeter CIE 1976
難燃性
V-0
UL 94
耐電圧
KV/mm
≥18
ASTM D149
補強層
Fiberglass mesh
重量減少
%
<1
ASTM E595 Modified
密度
g/cm³
2.3±5%
ASTM D792
使用温度範囲
°C
-50~+180
体積熱抵抗
Ohm-m
8x10¹²
ASTM D257
伸び
%
80
ASTM D412
標準仕様
Sheet
硬さ
Shore OO
35|±15
ASTM D2240

 

比較リスト 0 お問い合わせリスト 0
Inquiry Cart

お問い合わせカートの総数 0 アイテムの製品

Compare

比較総数 0 アイテムの製品

EUの実施する個人データ保護法に基づき、私たちはあなたの個人データを保護し、個人データに関する情報を提供することに努めています。 「全てを受け入れる」をクリックすると、当ウェブサイト上でのご利用体験の向上、ウェブサイトのパフォーマンスや利用状況の分析の支援、関連するマーケティングコンテンツの提供のために、Cookieを設置することに同意したものとみなされます。Cookieの設定を管理するには、下部のリンクをクリックしてください。「確認」をクリックすると、現在の設定に同意したものとみなされます。

Manage Cookies

Privacy preferences

EUの実施する個人データ保護法に基づき、私たちはあなたの個人データを保護し、個人データに関する情報を提供することに努めています。 「全てを受け入れる」をクリックすると、当ウェブサイト上でのご利用体験の向上、ウェブサイトのパフォーマンスや利用状況の分析の支援、関連するマーケティングコンテンツの提供のために、Cookieを設置することに同意したものとみなされます。Cookieの設定を管理するには、下部のリンクをクリックしてください。「確認」をクリックすると、現在の設定に同意したものとみなされます。

Privacy Policy

Manage preferences

Necessary cookie

Always on

ウェブサイトの運営にはこれらのCookieが不可欠であり、システム内で無効にすることはできません。通常、これらのCookieは、サービスのリクエストに応じて(つまり、プライバシー設定の設定、ログイン、またはフォームの記入など)、操作に基づいて設定されます。ブラウザを設定してこれらのCookieをブロックしたり、通知したりすることができますが、一部のウェブサイトの機能が機能しなくなる可能性があります。

Functional cookie

これらのCookieは、動画やリアルタイムチャットなどの強化機能や個別化コンテンツを提供することを可能にします。私たちまたは私たちのページにサービスを追加した第三者プロバイダーがこれらのCookieを設定することがあります。これらのCookieの使用を許可しない場合、一部またはすべての機能が正常に機能しない可能性があります。