ペルチェ素子

熱電ペルチェ素子は、半導体材料のペルチェ効果を利用した冷却製品で、2種類の半導体材料を直列に並べて直流電流を流すと、カップルの両端で熱が吸収・放出され、精密な温度制御と冷却が可能になります。

ペルチェ素子は、直流電流によって冷却、加熱、温度制御される半導体部品で、能動的な放熱製品です。 チップに直流電流を流すとN型半導体からP型半導体へ流れて熱を吸収してコールドサイドとなり、P型半導体からN型半導体へ流れて熱を放出してホットサイドとなります。 小型で作動音小さく、周囲温度以下の冷却と温度制御を実現できることが特徴です。本製品の効果を最大限に発揮させるためには、連続的かつ効果的な冷却を実現するために、高温部分の温度を適切に放熱させる必要があります。 用途としては車載用モバイルフリーザ、小型冷蔵庫、氷水ディスペンサなど、冷却が必要な製品によく見られますが、ICの高電力化に伴い、IC冷却のための設計に取り入れられるようになってきています。

 

温度調整が容易

ペルチェ素子は、半導体クーラーとも呼ばれ、負の熱抵抗冷却技術により、残りの両端の温度差を維持し、高出力ほど動作速度は速くなります。

 

小型、軽量

小型・軽量で、電流を入力することで冷却・加熱が可能です。 操作が簡単でメンテナンスが容易、冷媒が不要で環境負荷が少ないです。

     

可動部がなく、低騒音

電流を流すと冷却・加熱が可能で、上下・左右の方向制限なく使用できます。

 

信頼性が高い

過酷な環境に適し、寿命が長く、ほぼメンテナンス不要です。

TOP