ベイパーチャンバー

ベイパーチャンバー

●2次元的な熱伝導

●受動素子

●高安定性

●性能はヒートパイプより十倍高い


ベイパーチャンバーの原理はヒートパイプと同じです。封止したパイプ内の作動液の蒸発と凝縮を経由して、熱源の熱を速くある程度の大きい面積に逃がせる高性能の熱伝導装置です。

製品アプリケーション

原理

ベイパーチャンバーとヒートパイプの原理は同じですが、熱伝導の方式が違います。ベイパーチャンバーは2次元的な熱伝導なので、もっと厳しい熱問題を解決できます。ベイパーチャンバーは真空したパイプ内に毛細構造があって、作動液が吸熱したら、急速に蒸発になり、凝縮部に移動し、外部熱源と熱交換した後、また液体状態に凝縮し、ずっと繰り替えます。


物性表

推奨スペック
●各分野により、適用の仕様は違うので、お問い合わせください。

 

Item VC001 VC002 VC003 XVC-A001 XVC-A002 Unit Tolerance
サイズ 56X56 106X70 106X70 90X60 80X80 mm ±0.3
厚さ 3.0 3.0 25.5 0.4 0.4 mm ±0.05
熱抵抗 ≦0.21 ≦0.16 ≦0.16 <0.02 <0.02 ° C/W -
材質 銅合金 - -
表面処理 抗酸化(抗氧化) - -
外部から加える部品 - - 銅ヒートシンク
(銅鰭片)
- - - -
パワー  (Qmax) ≥110 ≥150 ≥150 10 10 W -

製品写真

- -

●上表には一般的な仕様です。それらの仕様以外にも対応可能なので、お問い合わせください。

- -
 
 
 

 

関連資料推奨

熱シミュレーションサービス

●熱シミュレーションサービス

●放熱対策相談

●設計最適化

●カスタマイズ対応


電子製品の開発期間が短縮することと素子の分布密度が高くなることに伴い、t-globalは様々の放熱対策部品を提供するだけではなく、放熱対策も提供しております。t-globalは一流の熱シミュレーションソフトウェアとプロのエンジニアーチームがあって、初期の熱シミュレーションと熱設計もお客様のニーズに応じて対応できます。

入力内容確認
ヒートパイプ

●熱流密度変換機能

●急速な均温性

●受動素子

●軽量


ヒートパイプは速く熱を伝える部品で、物質の気体、液体という相変化を利用して設計されました。厳密に言えば、ヒートパイプは放熱モジュールの一部だけで、放熱部品ではなく、熱伝導部品です。急速な均温性があるので、応用範囲が広く、普及しています。

入力内容確認
ファン

Cooling fan has been the major components of different kinds of industrial products, such as electrical machinery and electronic products which all requires cooling fan as the major device for thermal management. By creating the air flow, cooling fan provides cool air to lower the temperature of the industrial equipment, also, helps the industrial electric or electronic projects to keep the high efficiency and its performance will not be lowered due to the heat generated.

入力内容確認
TOP