よくあるご質問

サーマルペーストとサーマルシリコーンシートの違い

サーマルペーストと熱伝導シリコーンシートのどちらも、CPUの冷却を補助し、CPUファンの冷却性能を最大限に発揮させるために使用されます。では、どちらを使うのが効果的なのでしょうか?
熱伝導シリコーンシートは、通常、マザーボードの電源部などサーマルペーストを塗布するのが不便な場所に使用されます。また、グラフィックスカードのヒートシンクの下には複数のパーツがそれぞれ接触している必要があるため、サーマルペーストを使用するのは不便です。
上記の理由に加え、CPUサーマルペーストと熱伝導性シリコーンシートの違いは次のとおりです。
1. 熱伝導係数:熱伝導シリコーンシートは最高で12W/m.Kまで、サーマルペーストは最高で5W/m.Kに達します。
2. 絶縁性:サーマルペーストは金属粉の添加により絶縁性が劣り、熱伝導性シリコーンシートは絶縁性が良い。1mm厚のH48-6G熱伝導シリコーンシートは13000V以上の電気絶縁指数を有しています。
3. 形状:サーマルペーストはゲル状、シリコーンシートはシート状。
4. 使用方法:サーマルペーストは注意して均一に塗る必要があります(大型ハードウェアの場合、塗りづらい)。周囲のデバイスを汚したり、電子部品の短絡や傷を引き起こす恐れがあります。熱伝導シリコーンシートは自由に裁断でき、保護フィルムを剥がして直接貼ることができ、公差の範囲は狭く、清潔です。
5. 厚み:隙間を埋めるための熱伝導性材料として、サーマルペーストには限界があるが、熱伝導性シリコーンシートの厚みは0.2~20mmと、幅広い用途で使用できます。
6. 熱伝導性:熱伝導シリコーンシートよりサーマルペーストの方が熱抵抗が小さいため、同じ熱伝導率であれば、サーマルペーストの方が優れています。 そのため、同じ熱伝導率を得るためには、熱伝導シリコーンシートの熱伝導率をサーマルペーストの熱伝導率より高くする必要があります。
7. 利便性:熱伝導シリコーンシートは再装着が容易ですが、サーマルペーストは分解後に再塗布する必要があり、利便性に欠けます。
8. 価格:サーマルペーストは一般的に使用されており、安価です。熱伝導シリコーンシートは、ノートパソコンやLED照明などの薄くて精密な電子製品に多く使われており、サーマルペーストよりも若干高価です。
T-Global社製サーマルペースト T-Global社製熱伝導シリコーンシート

TOP